ケビン・デュラントがマーベリックスの若手スターコンビを賞賛

ダラス・マーベリックスは、昨季をもって引退したベテランPFのダーク・ノビツキーの代わりとして、同シーズンのトレードデッドライン前にクリスタプス・ポルジンギスをニューヨーク・ニックスから獲得。膝の前十字靭帯を断裂したことにより昨季を全休していたポルジンギスは、昨季の新人王に輝いたルカ・ドンチッチと新シーズンからタッグを組むこととなる。 これから旬を迎える23歳のポルジンギスと20歳のドンチッチは、新シーズン最注目な若手スターコンビであり、ファンやチームの期待も大きい。ブルックリン・ネッツのスーパースターであるケビン・デュラントもまた、2人の今後の活躍に期待しているようだ。デュラントは、ユーチューバーであるクリス・ヘンダーソン氏とのインタビューで、2人について以下の通りコメントしている。 「ポルジンギスとドンチッチの共演を楽しみにしている。彼らは特別なシナジーを生み出し、マーベリックスは今後数年間注目すべきチームとなるだろう」 2008年に新人王を受賞しているデュラントは、昨季同賞を受賞したドンチッチについて「今後スーパースターとなることが期待される選手」ともコメントしており、特に彼のピック&ロールにおける能力の高さを賞賛している。ルーキーイヤーとなった昨季、1試合平均21.2得点、7.8リバウンド、6.0アシストという驚異的な数字をマークしたドンチッチは、このペースでいけばスーパースターと呼ばれる日が来るのも時間の問題だろう。 ポルジンギスについてデュラントは、以前から彼のオールラウンダーとしての能力を高く評価しており、「ユニコーン」の愛称も名付けている。オールラウンダーが多く存在する現代のNBAでも突出した才能を発揮するポルジンギスは、221センチという長身でありながら、高いボールハンドルのスキルを持ち、高精度なスリーポイントシュートも兼ね備えているユニークな選手だ。ポルジンギはニックスに所属していた2017-18シーズン、途中前十字靭帯断裂で欠場するようになるまで、1試合平均22.7得点、6.6リバウンド、2.4ブロックを挙げている。 怪我から復帰したポルジンギスが元の状態に戻り、ドンチッチと上手くフィットすれば、マーベリックスは数年後にNBAから恐れられるチームと化すことが予想される。 スポヲタ:ビタラフ アドル

コメント(0件)

    関連タグ

    チーム

    • ウォリアーズ
    • ネッツ

    選手

    • Kevin Durant

    キーワード

    • ニュース全般

    人気

    特集

    1. NBA Rakuten トップ
    2. 最新ニュース一覧
    3. ケビン・デュラントがマーベリックスの若手スターコンビを賞賛