パトリック・マコーが完全フリーエージェントに!!

ステフィン・カリーやクレイ・トンプソンといったスター選手の控えとして、ゴールデンステイト・ウォリアーズで2度の優勝を経験したパトリック・マコーが、より良い契約を求めてフリーエージェント市場に打って出るようだ。 The Athleticのシャムス・シャラニア記者とESPNのマーク・J・スピアーズ記者がツイッターで報じた内容によると、マコーはウォリアーズから提示された1年170万ドル(約2億円)のクオリファイング・オファーと2年500万ドル(約5億5000万円)の契約オファー(2年目は無保証)の両方を却下したようだ。 マコーは、プロ入りから2シーズンの間プレーしたウォリアーズで、1試合平均15.9分間の出場で平均4得点1.4リバウンドという成績を残している。22歳のマコーは、2016年のNBAドラフト2巡目全体38位でウォリアーズに指名された。ここ最近のウォリアーズは、ドラフト2巡目の選手の才能を開花させることに定評がある。ドレイモンド・グリーン(2012年のNBAドラフト2巡目全体35位)やジョーダン・ベル(2017年のNBAドラフト2巡目全体38位)といった選手達が、その良い例だ。

コメント(0件)

    関連タグ

    チーム

    • ウォリアーズ

    選手

    • Patrick McCaw

    キーワード

    • ニュース全般
    • フリーエージェント

    人気

    特集

    1. NBA Rakuten トップ
    2. 最新ニュース一覧
    3. パトリック・マコーが完全フリーエージェントに!!