PJ・タッカーがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退

現地8月15日の練習中に左足首を軽く捻挫したPJ・タッカー(ヒューストン・ロケッツ)が、アメリカ代表チームのロスター入りを辞退した。タッカーはヒューストンに戻って治療を受け、2019-20シーズンの開幕に備えるそうだ。 タッカーの辞退により、今夏のFIBAワールドカップに出場するアメリカ代表チームのロスター入り候補は、ブルック・ロペス(ミルウォーキー・バックス)、ドノバン・ミッチェル(ユタ・ジャズ)、クリス・ミドルトン(バックス)、ハリソン・バーンズ(サクラメント・キングス)、ジェイレン・ブラウン(ボストン・セルティクス)、カイル・クーズマ(ロサンゼルス・レイカーズ)、メイソン・プラムリー(デンバー・ナゲッツ)、ジェイソン・テイタム(セルティックス)、マイルズ・ターナー(インディアナ・ペイサーズ)、ケンバ・ウォーカー(セルティックス)、ジョー・ハリス(ブルックリン・ネッツ)、マーカス・スマート(セルティックス)、デリック・ホワイト(サンアントニオ・スパーズ)、ディアーロン・フォックス(キングス)の計14名となった。 2018年から2020年までのアメリカ代表チームを指揮するヘッドコーチはサンアントニオ・スパーズのグレッグ・ポポビッチHC(ヘッドコーチ)で、アシスタントコーチはスティーブ・カー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ/ヘッドコーチ)、ロイド・ピアース(アトランタ・ホークス/ヘッドコーチ)、ジェイ・ライト(ビラノバ大/ヘッドコーチ)らが務める。 同16日の親善試合でスペイン代表を90-81で破ったアメリカ代表は、19日から24日までオーストラリアのメルボルンで合宿を行い、22日と24日にオーストラリア代表と親善試合をする。その後、彼らはシドニーに移動して25日から28日まで合宿し、26日にカナダ代表とFIBAワールドカップ前の最後の親善試合を行う。

コメント(0件)

    関連タグ

    チーム

    • ロケッツ

    選手

    • PJ Tucker

    キーワード

    • 怪我
    • 怪我
    • アメリカ代表
    • FIBA
    • FIBAワールドカップ

    人気

    特集

    1. NBA Rakuten トップ
    2. 最新ニュース一覧
    3. PJ・タッカーがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退