新着

お気に入り

投稿済みスレッド

【NBA NEWS】私の選ぶ2019-20シーズン年間アウォード【大柴壮平コラム vol.44】

NBA Rakuten NEWS

関連コンテンツ

関連コンテンツ

NBAは先日、2019-20シーズンのアウォードは3月のシーズン停止前までの試合を対象とすると発表した。そこで今週は、候補に名前の挙がっている選手を紹介しつつ、当コラムでも独断と偏見で各アウォードの受賞者を選出しようと思う。

  • ニュース全般
  • NBA全般
  • LeBron James
  • Giannis Antetokounmpo
  • ジャ モラント

コメント(20件)

  • 001
    あかさたなまは
    2日前

    ヤングがサードチームはたぶんないと思う。 もちろんすごい選手やけどほぼ最下位のチームでスタッツ稼いでるところもあるし、DFはリーグでトップクラスに下手やし。

    6
    002
    TETSU
    2日前

    トレイよりラスであってほしい🙏

    4
    003
    mickey
    2日前

    相変わらずバックコートが激戦区すぎる...

    1
    004
    つつつむ
    2日前

    ヤングよりラスがいいなー。確かに前半はそこまで良くなかったけど、後半はハーデンが不調の試合でもラスが粘って勝ててたりしたし。

    6
    005
    ラス
    2日前

    ラスファンだけどヤングも捨てがたい気持ち…。このトピックで俺達とかでディベートやってほしい!

    1
    006
    Happyhour
    2日前

    ウエストブルック😢

    2
    007
    かず
    2日前

    うまい

    0
    008
    Keystone
    2日前

    チーム順位も考慮して 1st ハーデン ルカ ヤニス レブロン ヨキッチ 2nd ラウリー ケンバ レナード AD エンビ 3rd ウェストブルック リラード ミドルトン シアカム ゴベア

    2
    009
    ごう
    2日前

    エンビードが入ってない

    0
    010
    くま
    1日前

    新人王モラントほぼ確定で嬉しい。 全然関係ないけど若手が多くていきってる熊をベテランチームが鎮めた今日の試合は気持ち良かった。

    4
    011
    [設定されていません]
    1日前

    このコメントは削除されました

    012
    令和ーず
    1日前

    僕、COYが1番難しいと思うんですよね 今の記事の通り、MIPとROYはその2人だと思うんですけど、それを育てたコーチ手腕と考えてみたら、ジェンキンスとスポールストラを評価したいですし、誰もいなくなったOKCをまとめたドノヴァン、核がいなくてもチーム力を維持したナース、それと東西1位チームのボーゲルとバットって考えると、アワードの中では1番難しくて甲乙つけがたいですよ

    2
    013
    良キッチ
    1日前

    3rdのヤング抜いて西ブルかケンバかな アデバヨ高すぎるように見えるけど今期はエンビートもKATも試合数少ないから妥当だと思う

    3
    014
    たかはし
    1日前

    トレイヤングは女にモテるから好きじゃない。

    2
    015
    チョスティ
    1日前

    でも、まぁ、今年に関してはラスを入れないという選択肢があってもいいと思う

    1
    016
    Cレディッシュに期待
    1日前

    ATLファンだけどヤングを3rdは過大評価だと思います。 DFが無視できないレベルで酷すぎます。

    5
    017
    ルカ
    1日前

    さすがにラスが入るでしょ......

    6
    018
    PPAP
    1日前

    普通にヤングよりラス

    6
    019
    つだーりん
    15時間前

    ヤングはインパクトや得点力はたしかに素晴らしいがDFが酷すぎる。ハーデン不調時にリーダーシップとスタッツの両方でチームを牽引し勝利に貢献していたラスの方が3rdに相応しいと思います。

    4
    020
    マキンチョ
    5時間前

    ラスは?

    0
  1. NBA Rakuten トップ
  2. コミュニティ
  3. 私の選ぶ2019-20シーズン年間アウォード【大柴壮平コラム vol.44】