クリスタプス・ポルジンギスが母国ラトビアで暴行被害

クリスタプス・ポルジンギスが母国ラトビアのリエパヤにあるクラブで暴行を受けて顔面から流血した件について、所属するダラス・マーベリックスが調査しているそうだ。 チームは声明文の中で「クリスタプスがラトビアのクラブの外で暴行にあったと聞いている。詳しい情報が入り次第、皆さんに発表する」とコメントしている。 ESPNによると、ポルジンギスは数名のロシア人に突然襲われたそうだ。暴行騒ぎの直後の様子を撮影したビデオには、シャツを引き裂かれて額から血を流しているポルジンギスが写っている。 TMZは、「ポルジンギスは、彼がニューヨーク・ニックスを去ったことに腹を立てた数名のロシア人と喧嘩になったようだ。当時、彼はクラブにいたようだ」とリポートしている。

関連タグ

チーム

  • マーベリックス

選手

  • Kristaps Porzingis

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. クリスタプス・ポルジンギスが母国ラトビアで暴行被害