ステフィン・カリーとクレイ・トンプソンが足首の怪我を押して試合に先発出場

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーとクレイ・トンプソンが、足首の怪我を押してヒューストン・ロケッツとのカンファレンス・セミファイナル第1戦に先発出場した。 過去に何度も足首を負傷しているカリーは、現地4月26日に行われたロサンゼルス・クリッパーズとのプレイオフ・ファーストラウンド第6戦の序盤に右足首を捻挫した。トンプソンも同じ試合で足首を捻挫したが、トンプソンの方がより重傷だと見られていた。 試合翌日、ウォリアーズのスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)は「昨晩、彼は足を引きずっていた。次の試合直前まで、彼の様子を見ることになりそうだ」と語っていた。 ロケッツとのカンファレンス・セミファイナル第1戦が行われた同28日の昼過ぎ、ESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者は「トンプソンのMRI検査の結果は良好だった。試合直前のワークアウトでの状態を見て、彼が試合に出場できるかどうかの最終判断が下されるだろう」と報じた。 トンプソン自身は、クリッパーズとの最終戦を終えた後に「カンファレンス・セミファイナル第1戦には絶対に出場する」と公言していた。 試合は、104-100でウォリアーズが接戦を制している。

関連タグ

チーム

  • ウォリアーズ

選手

  • Stephen Curry
  • Klay Thompson

キーワード

  • 怪我
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ステフィン・カリーとクレイ・トンプソンが足首の怪我を押して試合に先発出場