ブレイク・グリフィンが左膝を手術

現地4月23日、デトロイト・ピストンズのブレイク・グリフィンが左膝の関節鏡手術を行った。カリフォルニア州ロサンゼルスで執刀された手術により、ここ最近の2週間の間グリフィンが悩まされ続けていた左膝の痛みが取り除かれることが期待されている。グリフィンは、オフシーズンのトレーニングをスケジュール通り行える予定で、2019-20シーズン開幕前のトレーニングキャンプにも間に合うようだ。 6度のNBAオールスター出場歴を持つグリフィンは、ピストンズの球団史上初の1シーズン平均24得点以上、7リバウンド以上、5アシスト以上を同時に達成した選手となった。彼は今シーズン、キャリアハイの189本の3ポイントシュートを成功させたが、これはピストンズの球団史上で2番目に多い数字だ。 平均得点(24.5得点)でも球団歴代9位の記録を残したグリフィンは、2000-01シーズン以降で球団史上最多となる21試合で30得点以上をマークした。

関連タグ

チーム

  • ピストンズ

選手

  • Blake Griffin

キーワード

  • 怪我
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ブレイク・グリフィンが左膝を手術