カイル・アンダーソンが右肩を手術

メンフィス・グリズリーズのカイル・アンダーソンが右肩を手術した。 現地4月18日に発表されたグリズリーズのコメントによると、アンダーソンはトレーニング・キャンプまでにはバスケットボールをプレーできる状態にまで回復する見込みとのことだ。 昨夏、制限付きフリーエージェントだったアンダーソンは、グリズリーズから提示された4年3720万ドル(約41億円)のオファーシートにした。このオファーにサンアントニオ・スパーズがマッチしなかったため、アンダーソンのグリズリーズ入りが決まった。 25歳のアンダーソンは、今シーズンは43試合に出場し(うち40試合に先発)、1試合平均29.8分間のプレーで平均8得点、6.8リバウンド、3アシスト、フィールドゴール成功率54.3%を記録した。 UCLA大出身のアンダーソンは、2014年のNBAドラフト1巡目全体30位でNBA入りし、最初の4シーズンをスパーズでプレーした。

関連タグ

チーム

  • グリズリーズ

選手

  • Kyle Anderson

キーワード

  • 怪我
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. カイル・アンダーソンが右肩を手術