デューク大のキャム・レディッシュがNBAドラフトへのエントリーを表明!

デューク大1年生のキャム・レディッシュが、今年のNBAドラフトにエントリーすることを表明した。 現地4月11日、レディッシュは自身のインスタグラムに動画とコメント文を投稿し、ドラフトにエントリーする意志を大々的に表明した。この発表は、チームメイトのRJ・バレットがドラフトにエントリーすることを表明した翌日に行われた。デューク大のスポークスマンのマイク・デジョージ氏によると、レディッシュは既にエージェントを雇っているとのことだ。 レディッシュはデューク大で1試合平均13.5得点、3ポイントシュート成功率33%という記録を残し、クラッチシュートを何本も沈めた。今年1月のフロリダステート大戦では、試合時間残り0.8秒で決勝シュートを決め、チームを勝利に導いている。 レディッシュは、今年のNBAドラフトでトップ3に入ることが予想されている。 デューク大の1年生では、今年最大の大物と言われているザイオン・ウィリアムソンだけが来シーズン以降の動向を明らかにしていない。ポイントガードのトレ・ジョーンズは、来シーズンもデューク大でプレーするつもりだと発表している。

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • デューク大
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. デューク大のキャム・レディッシュがNBAドラフトへのエントリーを表明!