セルティックスが、デマーカス・カズンズに対して暴言を吐いた観客を2年間の出入り禁止に

ボストン・セルティックスが、ホームのTDガーデンで行われた試合でデマーカス・カズンズに対して暴言を吐いた観客を2年間の出入り禁止処分にしたことを発表した。 現地1月26日の試合中、カズンズは「観客から差別的な発言をされた」とセルティックスに報告した。セルティックスはすぐさま問題の観客を特定し、その人物を退場処分にした。その翌日より、セルティックスはアリーナ内の複数の監視カメラ映像を様々なアングルから検証し、周辺にいたファンや警備員や警察への聞き込み調査を実施した。 その調査の過程で、問題の観客がウォリアーズのベンチに向かって野次を飛ばしていることは確認できたが、それが差別的な発言だったかどうかは判別できなかった。以上の結果から、セルティックスはその観客を2年間の出入り禁止処分にすることを決定した。また、チームの規約に則り、その観客は生涯に渡って保護観察下に置かれることになる。 もしセルティックスの試合会場にいる選手や職員やファンに対して不適切な暴言を吐いたことが確認された場合、その人物は生涯に渡ってセルティックスの試合に出入り禁止となる。 調査の間、セルティックスはウォリアーズと連絡を取り合い、処分の方法などについて意見交換をした。今回の件に関して、セルティックスはカズンズに深い謝罪の意を表したそうだ。 ボストン・セルティックスは、規約違反を犯した観客に対して断固とした姿勢を取ることを、改めて表明している。

関連タグ

チーム

  • セルティックス
  • ウォリアーズ

選手

  • DeMarcus Cousins

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. セルティックスが、デマーカス・カズンズに対して暴言を吐いた観客を2年間の出入り禁止に