カイル・クーズマが右足首を捻挫

プレーオフ進出に向けてもう後が無いロサンゼルス・レイカーズに、手痛い負傷者が出た。得点力のあるフォワードのカイル・クーズマが、右足首の捻挫により現地3月6日のデンバー・ナゲッツ戦を欠場することが分かった。クーズマが負傷したのは、同4日に行われたロサンゼルス・クリッパーズ戦だ。 クーズマは予防的措置としてMRI検査を受け、足首のダメージについて詳しく調べるそうだ。 現在、レイカーズには怪我人が続出している。ナゲッツ戦には、クーズマの欠場が決まっているほか、ブランドン・イングラム(肩の痛み)、タイソン・チャンドラー(首のコリ)、ランス・スティーブンソン(つま先の捻挫)の3人は「questionable(試合への出場が微妙なこと)」と発表されている。 クリッパーズ戦で13得点を決めていたクーズマは、試合時間残り6分4秒に足首を捻挫してフロアを後にした。試合後、ルーク・ウォルトンHC(ヘッドコーチ)は「クーズマは次戦を欠場するはずだ」とコメントしていた。 レイカーズで2番目に高い得点力を誇るクーズマは、今シーズンは1試合平均18.8得点、5.6リバウンド、2.5アシストを記録している。 113-105でクリッパーズに敗れて今シーズンの成績を30勝34敗としたレイカーズは、ウェスタン・カンファレンス8位のサンアントニオ・スパーズに5ゲーム半の差をつけられた。同1月31日にレブロン・ジェームズが復帰して以降、レイカーズは3勝9敗と苦しんでいる。

関連タグ

チーム

  • レイカーズ

選手

  • Kyle Kuzma

キーワード

  • 怪我
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. カイル・クーズマが右足首を捻挫