ドレイモンド・グリーンが左足首を捻挫

現地2月23日に行われたヒューストン・ロケッツ戦で、ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンが左足首を捻挫して試合を途中退場した。 試合はアウェイのロケッツが118-112で勝利している。 第4Q(クォーター)残り9分、ディフェンスをしていたグリーンはチームメイトのデマーカス・カズンズの足を踏んで左足首を捻挫した。 試合後、スティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)は「大した怪我ではないと思う」とコメントしている。 「ドレイモンドと軽く話したが、彼は『試合序盤に捻った箇所を再び捻挫した』と言っていた。きっと軽い捻挫だろう。あとは診察の結果を待つしかない。大した怪我ではないと思うが、正式な診察結果は明日(同24日)には発表されるはずだ」 この試合で、グリーンは24分間出場して4得点、4リバウンド、3アシストを記録している。

関連タグ

チーム

  • ウォリアーズ

選手

  • Draymond Green

キーワード

  • 怪我
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ドレイモンド・グリーンが左足首を捻挫