ラプターズのフレッド・バンブリートが左親指を手術へ

トロント・ラプターズのフレッド・バンブリートが左手親指の腱に負ったダメージを修復する手術を受けることが分かった。 この手術により、バンブリートは約5週間欠場する見込みだ。予定通りなら、彼はプレーオフ開始前に復帰できる。 プロ入り3年目のバンブリートは、今シーズンは51試合に出場して、1試合平均26.8分間のプレーで平均10.5得点、4.6アシスト、2.7リバウンド(全てキャリアハイ)を記録している。 バンブリートの長期離脱に伴い、ラプターズはベテランガードのジェレミー・リンを補強した。リンは、現地2月11日にアトランタ・ホークスを解雇されてフリーエージェントとなり、ラプターズと契約した。 リンは自身のインスタグラムに「hyped(ワクワクしている)」と投稿し、ラプターズ入りを喜んだ。 同2月13日現在、42勝16敗のラプターズはイースタン・カンファレンスの2位につけている。

関連タグ

チーム

  • ラプターズ

選手

  • Fred VanVleet

キーワード

  • 怪我
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ラプターズのフレッド・バンブリートが左親指を手術へ