クリッパーズがマイケル・ビーズリーを解雇

ロサンゼルス・クリッパーズのローレンス・フランク球団社長が、マイケル・ビーズリーを解雇したと発表した。 30歳のビーズリーは、先日のトレード・デッドライン当日(現地2月7日)にロサンゼルス・レイカーズからクリッパーズにトレードされたばかりだった。今シーズン、彼はレイカーズで26試合に出場し、1試合平均10.7分間のプレーで平均7得点、2.3リバウンド、フィールドゴール成功率49%を記録していた。彼はこれまでの11シーズンに及ぶNBAキャリアでマイアミ・ヒート、ミネソタ・ティンバーウルブズ、フェニックス・サンズ、ヒューストン・ロケッツ、ミルウォーキー・バックス、ニューヨーク・ニックス、レイカーズの7チームを渡り歩き、キャリア通算で609試合に出場して1試合平均22.8分間のプレーで平均12.4得点、4.7リバウンド、フィールドゴール成功率46.5%という成績を残している。 メリーランド州フレデリック出身のビーズリーは、カンザス州立大で1年プレーした後にNBAドラフトにエントリーし、2008年のドラフト1巡目全体2位指名でヒートに入団した。

関連タグ

チーム

  • クリッパーズ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. クリッパーズがマイケル・ビーズリーを解雇