トレード・デッドライン:マラチ・リチャードソンがシクサーズ へ

フィラデルフィア・76ers(以下シクサーズ )は、ロサンゼルス・クリッパーズからトバイアス・ハリスを獲得したビッグ・トレードの数時間後に、再び(やや小さめの)トレードをした。 シクサーズ は、金銭と交換で、トロント・ラプターズからマラチ・リチャードソン、2022年のドラフト2巡目指名権、エミール・プレジックの交渉権を獲得した。 今シーズン、リチャードソンはラプターズで22試合に出場し、1試合平均4.7分間のプレーで平均1.4得点を記録している。 プレジックは、2009年のドラフト2巡目57位でフェニックス・サンズにドラフトされた選手だ。彼の交渉権は、サンズ、クリーブランド・キャバリアーズ、ワシントン・ウィザーズ、ダラス・マーベリックス、インディアナ・ペイサーズ、ラプターズ、シクサーズ と、複数のチームを渡り歩いている。 このトレードによってラプターズのサラリーキャップにかなりの空きが出来たため、彼らはこれから大きなトレードに動くだろう、とThe Athleticのブレイク・マーフィー記者は予想している。

関連タグ

チーム

  • クリッパーズ
  • マーベリックス
  • ラプターズ

選手

  • Tobias Harris

キーワード

  • 移籍・トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. トレード・デッドライン:マラチ・リチャードソンがシクサーズ へ