ヒートがクリス・ボッシュの背番号1番を永久欠番へ

リバウンドとアシストでマイアミ・ヒートの優勝に貢献したクリス・ボッシュの背番号1番が、ヒートの永久欠番になることが分かった。永久欠番式典は、現地時間3月26日に行われる。 ボッシュは、ヒート移籍後の6シーズン目に心臓の血栓が再発したため、プレーから遠のいていた。彼がヒートで最後にプレーしたのは、2016年だ。 ボッシュは、レブロン・ジェームズやドウェイン・ウェイドらと共にヒートを4年連続のNBAファイナルに導き、2012年と2013年には優勝も経験している。2013年にサンアントニオ・スパーズと対戦したNBAファイナル第6戦の第4Q(クォーター)残り5.2秒、リバウンドを掴んだボッシュのアシストでレイ・アレンが同点3ポイントシュートを決めたシーンは、NBA史上に残る『ビッグショット』の1つとして有名だ。オーバータイムの末にこの試合に勝利したヒートは、第7戦でスパーズを下して見事チャンピオンに輝いている。 これまでに、アロンゾ・モーニング(33番)、ティム・ハーダウェイ(10番)、シャキール・オニール(32番)らがヒートの永久欠番になっている。おそらく、ドウェイン・ウェイド、ユドニス・ハスレム、レブロン・ジェームズの3人もいずれヒートの永久欠番になるだろう。

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • 永久欠番
  • クリス・ボッシュ
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ヒートがクリス・ボッシュの背番号1番を永久欠番へ