カーメロ・アンソニーがマディソン・スクエア・ガーデンに登場!!

今後の進退に注目が集まっているカーメロ・アンソニーが、親友のドウェイン・ウェイドの試合を見るために久々にマディソン・スクエア・ガーデンに姿を現した。 今シーズンで現役を引退することが決まっているウェイドの所属するマイアミ・ヒートが、現地1月27日にマディソン・スクエア・ガーデンでニューヨーク・ニックスと対戦した。元ニックスのアンソニーはその試合に招待され、コートサイドで親友の試合を見守った。 試合後、ウェイドは以下のように語っている。 「彼が来ているなんて知らなかった。俺は試合前に始めて彼が来ていることを知ったんだ。でも、それはとても意味のあることだし、俺は彼が来たことを嬉しく思っているよ。今夏、俺は彼と一緒にディナーに行って色々と話したんだ。彼は、引退について悩んでいる俺に『絶対に現役を続けるべきだ』と力説したんだ。『フラッシュ(ウェイドの愛称)、君はそんな形で引退するべきではない。君は1シーズンかけて引退ツアーをして、各地を巡るべきだ』と力説してくれたんだ。彼の言葉は、俺の決断を大きく後押ししてくれた。彼が実際に俺の『引退ツアー』に足を運んでくれて嬉しく思っている。」 アンソニーは、2017年9月にオクラホマシティー・サンダーにトレードされるまでの6シーズン以上をニックスの選手として過ごした。現在、彼はシカゴ・ブルズから解雇またはトレードされる日を首を長くして待っている。 この日、会場のジャンボトロンにアンソニーが映し出されると、会場は歓声の渦に巻き込まれた。 試合後、アンソニーは以下のようにコメントしている。 「最近は、家を出てNBAの試合を見に行くことが非常に困難なんだ。だから、今回の招待はとても嬉しかったよ。この『ガーデン』でウェイドのラストダンスを見ることができて良かった。俺たち2人にとって、この場所はとても特別なんだ。」 アンソニーは、「マディソン・スクエア・ガーデンで1人の選手が1試合で記録した得点」の歴代1位の記録(62得点)を持っている。先日このアリーナで大活躍したハーデンでさえ、61得点しかしていない。 マディソン・スクエア・ガーデンでの思い出について、アンソニーは以下のようにコメントしている。 「このアリーナには沢山の思い出がある。このアリーナでまだまだ試合をしたいよ。」

関連タグ

選手

  • Dwyane Wade

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. カーメロ・アンソニーがマディソン・スクエア・ガーデンに登場!!