トニー・パーカー「最後はスパーズでキャリアを終えたい」

サンアントニオ・スパーズがガードのトニー・パーカー抜きでシーズンをスタートさせるのは、2000-01シーズン以降で初めてとなる。スパーズの選手として6度のNBAオールスター出場歴と1度のNBAファイナルMVP受賞歴を持つパーカーは、今オフのフリーエージェントでシャーロット・ホーネッツに移籍した。この移籍に関しては、チームとパーカーとの間に悪い感情は全く無かったらしく、パーカーは自身のキャリアの最後はスパーズの選手として終えたいとすら思っているようだ。 中国のウェブサイトHUPUのインタビューの中で、パーカーは、現役生活の最後はスパーズの選手としてキャリアを終えたいという意志を明らかにした。News4SA.comのジェフ・ガルシア記者が、インタビューの中から気になるコメントを2つピックアップしている。 Q:将来的に、スパーズの選手として現役を終える可能性はありますか?パーカー:ああ。俺はスパーズの選手としてキャリアを終えると思う。 Q:まだスパーズに戻る可能性があるのですか?パーカー:可能性はゼロではない。今はホーネッツと2年契約を結んだところだけれど、その先のことはまだ決まっていないからね。俺はサンアントニオの街とスパーズを愛しているんだ。 ホーネッツで、パーカーはオールスター・ガードのケンバ・ウォーカーの控えを務める予定だ。ウォーカーは今シーズンが契約最終年となっている。 パーカーは、かねてから「スパーズで20年プレーしたい」と公言していた。彼がその希望を叶えるには、ホーネッツとの契約が切れた後に再びスパーズと3年契約を結ぶ必要がある。昨シーズン、パーカーは若手有望株のデジョンテ・マレーに先発の座を快く譲っている。 スパーズに入団した初年度に、パーカーは55試合に出場して1試合平均7.7得点3.5アシストを記録した。彼はキャリア通算で1試合平均15.8得点5.7アシストという成績を残している。また、彼はスパーズのグレッグ・ポポビッチHCと一緒にプレーオフで137勝を上げているが、これは、選手とコーチが一緒に作った記録としてはNBA史上2番目に多い数字だ。NBA史上最多の記録は、ポポビッチHCとティム・ダンカンが作ったプレーオフ157勝という数字だ。 パーカーは、ダンカンとマヌ・ジノビリと共にスパーズのBIG3を形成した。しかし、ダンカンは引退し、パーカーは今オフにチームを去り、ジノビリが今シーズンも現役続行するかどうかは未だ不透明な状況だ。 パーカーは17年連続でプレーオフに進出しているが、NBAの歴史上で彼よりも長い記録を持っているのは、19年連続でプレーオフに進出したユタ・ジャズの英雄、カール・マローンとジョン・ストックトンの2人だけだ。 今オフのトレードにより、パーカーはホーネッツのジェームズ・ボレゴHC(ヘッドコーチ)と再びタッグを組むことになる。ボレゴHCは、昨シーズンまではスパーズでアシスタントコーチをしていた人物だ。また、パーカーと同じフランス出身で、彼の親友でもあるホーネッツのニコラス・バトゥームは、自身のツイッターで「ナンバー9(パーカーの背番号)。バズシティー(シャーロットの愛称)で会うのを楽しみにしてるぜ、兄貴」とコメントし、パーカーの加入を歓迎している。

関連タグ

チーム

  • ホーネッツ
  • スパーズ

選手

  • Tony Parker

キーワード

  • 移籍・トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. トニー・パーカー「最後はスパーズでキャリアを終えたい」