ナーレンズ・ノエルの脳震盪プロトコルが解除

オクラホマシティー・サンダーのナーレンズ・ノエルの脳震盪プロトコルが解除された。彼は現地1月17日のロサンゼルス・レイカーズ戦から出場可能だ。 ノエルが負傷したのは、同8日に行われたミネソタ・ティンバーウルブズとの試合中だった。 この試合の第3Q(クォーター)、ノエルはティンバーウルブズのアンドリュー・ウィギンズのダンクを阻止しようとした際にフロアに落下し、頭部を激しく強打した。この時、ノエルは空中でウィギンズの肘を顔面に受けており、落下した際にはほぼダイレクトにフロアに頭を打ち付けていた。このプレーでノエルにはファールがコールされた。それから数分間経ってもノエルの意識は回復せず、彼はそのままストレッチャーでコートから運び出された。ノエルがフロアに倒れている間、両チームの選手たちはガックリと肩を落とし、彼の無事を祈っていた。 すぐに病院に運ばれたノエルは、その日は一晩入院したが、幸いにも彼の頭部に骨折などの大きな怪我が認められなかったため、翌朝に無事退院することができた。彼にはNBAの脳震盪プロトコルが適用され、9日間に渡って戦線離脱することを余儀なくされた。 ノエルは、サンダーに移籍して1年目の今シーズン、控えの切り札として1試合平均5.1得点、4.5リバウンドという活躍を見せている。

関連タグ

チーム

  • サンダー

選手

  • Nerlens Noel

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ナーレンズ・ノエルの脳震盪プロトコルが解除