ジェームズ・ハーデンが17試合連続で30得点以上を記録

ヒューストン・ロケッツのジェームズ・ハーデンの得点記録はまだまだ続くかもしれない。 現地1月14日に行われたメンフィス・グリズリーズ戦の前半で、ハーデンは既に36得点を記録していた。彼は、この段階でコービー・ブライアントが2003年に達成した16試合連続30得点以上という記録を抜いて、17試合連続で30得点以上という記録を確定させた。 この試合でこの試合で最終的に57得点を決めたハーデンは、文字通り『アンストッパブル』だった。彼は33本中17本のフィールドゴールを成功させ(うちスリーポイントシュートは15本中6本成功)、フリースローは18本中17本成功させた。彼はたった1人でグリズリーズの先発選手の合計得点の53得点を上回った。 直近の17試合で、ハーデンは合計で702得点と157アシストを記録している。Elias Sports Bureauのデータによると、1シーズンの間で、17試合で700得点以上を記録したのはNBA史上3人しかいないそうだ(ハーデン、ブライアント、ウィルト・チェンバレン)。 また、試合の前半もしくは後半だけで36得点というのは、ハーデン自身にとってのキャリアハイであると同時に、クレイ・トンプソンに並んで今シーズンのトップ・タイの記録だ。 更に、1試合で57得点というのは、ロケッツの球団史上2番目のハイスコアとなった。ちなみに、1試合におけるロケッツの球団史上最多得点は、ハーデンが昨年1月30日(現地時間)に記録した60得点だ。 今シーズン、ハーデンは40得点以上の試合を14回達成している他、50得点以上の試合も3回達成している。2014-15シーズン以降、ハーデンは50得点以上の試合を合計12回達成している。これはNBA最多の数字だ。

関連タグ

チーム

  • ロケッツ

選手

  • James Harden

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ジェームズ・ハーデンが17試合連続で30得点以上を記録