NBAチャイナ・ゲームズ2019の開催が決定!!

現地1月7日、NBAは『NBAチャイナ・ゲームズ2019』の開催を発表した。16回のNBA優勝を誇るロサンゼルス・レイカーズとブルックリン・ネッツが、10月10日の上海と、同12日の深セン市の2都市で1試合ずつ、合計2試合のプレシーズンゲームをプレーする。 レイカーズが中国を訪れるのは2013年以来2度目だ。前回、彼らは北京と上海で2試合のプレシーズンゲームをプレーしている。ネッツが中国で試合をするのは、2010年(北京と広州市)と2014年(北京と上海)に続いて3度目だ。今年のNBAチャイナ・ゲームズ2019の2試合は、中国国内で行われる27回目と28回目のNBA公式戦になる。2004年から数えて合計17のNBAチームが、北京、広州市、マカオ、上海、深セン市、台北といった都市で試合をしてきた。 レイカーズの注目選手は、3度のNBAチャンピオンに輝くレブロン・ジェームズ、2016年のNBAドラフト1巡目全体2位指名のブランドン・イングラム、2017年のNBAドラフト1巡目全体2位指名のロンゾ・ボール、2017年のNBAドラフト1巡目全体27位指名のカイル・クーズマといった選手たちだ。 大富豪のミカイル・プロコロフ氏と共にネッツの共同オーナーをしているのは、昨年ネッツの株式の49%を手に入れたジョー・ツァイ氏だ。ツァイ氏は、中国を拠点とする巨大eコマース・グループ「アリババ」の取締役副会長だ。そのネッツの注目選手は、2015年のNBAドラフト1巡目全体2位指名のディアンジェロ・ラッセル、2016年のNBAドラフト1巡目全体20位指名のキャリス・レバート、2017年のNBAドラフト1巡目全体22位指名のジャレット・アレン、そして2018年にMIP賞の候補に選出されたスペンサー・ディンウィディーだ。 NBAチャイナ・ゲームズ2019では様々なファン・イベントが開催される予定だ。上海では8周年を迎えるNBAファン・デーが開催される。このイベントでは、何千人ものファンが中国のセレブのパフォーマンスを楽しみ、レイカーズやネッツの選手が参加するコート上のドリルを見ることができる。また、一部のラッキーなファンは、セレブとNBA選手に混じってシュート大会に参加することができる予定だ。 その他、上海と深セン市の両都市ではNBAケアーズによる地域活動が行われることになっている。

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • チャイナゲームズ2019
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. NBAチャイナ・ゲームズ2019の開催が決定!!