BWBヨーロッパ2018に参加するNBA選手が決定!

バスケットボール・ウィズアウト・ボーダーズ(BWB)・ヨーロッパ2018に参加するNBA選手、WNBA選手、FIBAの選手、そしてコーチ陣のリストが発表された。 今回で17回目の開催となるBWBヨーロッパは、セルビアのベルグラーデにあるザルコボ・スポーツホールで8月15日から18日にかけて行われる。このキャンプには、ヨーロッパ国内の25ヶ国から17歳以下の男女63名が招待される。 NBAとWNBAからは、ネマニャ・ビエリツァ(サクラメント・キングス/セルビア出身)、ボグダン・ボグダノビッチ(キングス/セルビア出身)、ゲイリー・ハリス(デンバー・ナゲッツ/アメリカ出身)、ニコラ・ヨキッチ(ナゲッツ/セルビア出身)、フランク・カミンスキー(シャーロット・ホーネッツ/アメリカ出身)、ボバン・マリヤノビッチ(ロサンゼルス・クリッパーズ/セルビア出身)、アナ・ダボビッチ(WNBAロサンゼルス・スパークス/セルビア)、ソーニャ・ペトロビッチ(WNBAフェニックス・マーキュリー/セルビア出身)らが参加し、ヨーロッパ中から集められた高校生世代のキャンプ参加選手達を指導する。 この他、キングスのGM(ゼネラルマネージャー)のブラデ・ディバッツ(セルビア出身)、キングスのアシスタントGMのペジャ・ストヤコビッチ(セルビア出身)、サンアントニオ・スパーズのグレッグ・ポポビッチHC(ヘッドコーチ)、インディアナ・ペイサーズのポパイ・ジョーンズAC(アシスタントコーチ)、オクラホマシティー・サンダーのダーコ・ラジャコビッチAC(セルビア出身)、ナゲッツのオグニェン・ストヤコビッチAC(セルビア出身)、ゴールデンステイト・ウォリアーズのニック・ユーレンAC、ブルックリン・ネッツのジャック・ヴォーンAC、そして元WNBA選手のラス・ライリーらもキャンプに帯同する。 フィラデルフィア・76ersのマーリン・セドラチェック(セルビア出身)と世界バスケットボール・コーチ連盟会長のパトリック・ハント(オーストラリア出身)がキャンプのディレクターをする他、ウォリアーズのドリュー・ヨンダーがアスレチック・トレーナーを務める。 第1回のBWB・ヨーロッパは2001年の7月に開催され、元ユーゴスラビア代表のブラデ・ディバッツとトニー・クーコッチ(クロアチア出身)がイタリアのトレビソを訪れて、ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア、旧ユーゴスラビア共和国マチェドニア、スロベニア、セルビア、モンテネグロから集まった50人の子供を対象としたバスケットボール・キャンプを行った。 2001年から始まったBWBには、130の国と地域から合計3300人以上がキャンプに参加しており、そのうち55人がドラフトやフリーエージェントによってNBA入りしている。2018-19シーズンの開幕には24人のBWB出身者がロスター登録される予定だ。そのうちの1人、クリッパーズのミロス・テオドシッチ(セルビア出身)は、2001年の第1回BWB・ヨーロッパのキャンプ参加者だ。

関連タグ

選手

  • ギャリー ハリス
  • Nikola Jokic
  • Nemanja Bjelica
  • Bogdan Bogdanovic

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. BWBヨーロッパ2018に参加するNBA選手が決定!