アンドレ・ロバーソンが更に6週間の離脱へ

左膝の怪我からの復帰を目指すオクラホマシティー・サンダーのアンドレ・ロバーソンは、これから更に少なくとも6週間の戦線離脱となるようだ。 チームによると、現地11月29日にバスケットボールのワークアウトをしていたロバーソンが、ジャンプ後の着地で違和感を感じたためMRI検査を受けたところ、左膝に小さな剥離骨折が見つかったとのことだ。翌日、チームは、ロバーソンが6週間後に再検査を受けることを発表した。 2016-17シーズンにNBA・オール・ディフェンス・セカンドチームに選出されているロバーソンは、今年1月に膝蓋腱を断裂し、昨シーズンの残り試合を全休した。当初、彼は今年12月には復帰できると考えられていたが、膝蓋腱の手術からの回復が遅れていたため、10月にも処置を受けていた。 昨シーズン、39試合に出場したロバーソンは、1試合平均5得点、4.7リバウンド、1.2アシスト、1.2スティールを記録している。

関連タグ

チーム

  • サンダー

選手

  • Andre Roberson

キーワード

  • 怪我
  • 離脱
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. アンドレ・ロバーソンが更に6週間の離脱へ