アンソニー・デイビスが殿部の捻挫によりウィザーズ戦を欠場

ニューオリンズ・ペリカンズのセンターのアンソニー・デイビスが、右殿部の捻挫のため現地11月24日にワシントンのベライゾンセンターで行われたワシントン・ウィザーズ戦を欠場した。 デイビスは、前日の現地11月23日にニューヨークのマジソンスクウェア・ガーデンで行われたニューヨーク・ニックス戦の第3Q(クォーター)に同箇所を負傷したが、その試合の第4Q(クォーター)残り3分に試合に復帰していた。 彼は、24日の試合前のウォームアップで怪我の状態を確かめた結果、その日の試合を欠場することを決断したそうだ。 ペリカンズは、デイビスが負傷したニックス戦(114対109)とウィザーズ戦(124対114)を2連敗した。 5度のオールスター出場歴を誇るデイビスは、プロ入り7シーズン目の今シーズンはここまで16試合に出場し、1試合平均27得点12.5リバウンドを記録している。

関連タグ

チーム

  • ペリカンズ

選手

  • Anthony Davis

キーワード

  • 怪我
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. アンソニー・デイビスが殿部の捻挫によりウィザーズ戦を欠場