マーケル・フルツが肩の再検査へ

フィラデルフィア・76ers(以下シクサーズ)のマーケル・フルツは、問題を抱えている右肩の診断結果が出るまではプレーしないようだ。 2017年のドラフト1巡目全体1位でシクサーズに入団したフルツは、数奇なキャリアを送っている。 昨シーズン、肩の怪我により14試合にしか出場できなかったフルツは、怪我の影響でシュートフォームが不自然になったことでNBAの話題をさらってしまった。そして今シーズン、先日のトレードでジミー・バトラーが加入した影響で、フルツは先発の座を奪われた。 しかも、フルツは伏兵のTJ・マッコネルに控えポイントガードの座も奪われようとしているのだ。 フルツが肩を再検査することについて、ブレット・ブラウンHC(ヘッドコーチ)は以下のようにコメントしている。 「彼が肩を再検査するというニュースには驚いた。もし彼の怪我が本当に深刻なら、我々は彼を全力でサポートするつもりだ。」 シクサーズのエルトン・ブランドGM(ゼネラルマネージャー)は、フルツのエージェントのレイモンド・ブラザーズが「肩の検査結果が判明するまでは、フルツは練習に参加しないし試合にも出場しない」と主張していることを明かした。 ブランドGMは、フルツが肩の故障を抱え続けていることには気付かなかったと語っている。彼は、フルツから「もう肩の故障には悩まされていない」と言われていたそうだ。 ブランドGMは、「我々が行った医学的検査では、彼がプレーできないような故障は見受けられなかった。彼は昨晩もプレーしたし、2日前にもプレーした。ジミー・バトラーが移籍してきてから彼は先発の座を降ろされたが、それでも彼は良いプレーを続けていた。彼が様々な問題を乗り越えてプレーする姿に、私は感銘を受けていた。彼にとって最善の結果が出ることを祈っている」とコメントしている。 20歳のフルツは、1試合平均8.2得点3.1アシスト3.7リバウンド、フィールドゴール成功率42%という成績を残している。 ホームで9勝0敗と負けなしのシクサーズ は、現在イースタン・カンファレンスの4位につけている。

関連タグ

チーム

  • 76ers

選手

  • Markelle Fultz

キーワード

  • 怪我
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. マーケル・フルツが肩の再検査へ