シクサーズが2018-19シーズンのシティーエディション・ユニフォームを発表!!

フィラデルフィア・76ers(以下シクサーズ)が、ジャージースポンサー契約を結ぶStubHub社と共同で、2018-19シーズンのシティーエディション・ユニフォームのデザインを発表した。このシティーエディション・ユニフォームは、映画「ロッキー」や「クリード」からインスパイアを得たデザインになっており、挑戦者の精神を持つフィラデルフィアの街の豊かな歴史を表現している。 ユニフォームの中心には、映画「ロッキー」でロッキー・バルボアとアポロ・クリードが最初に対戦したボクシング・リングからイメージを得た13個の星が円形に配置されている。ユニフォームのベースカラーの灰色は、アドニス・クリードやロッキーがフィラデルフィアの街でトレーニングするシーンで着用していた灰色のスウェット・ウェアをイメージしたものだ。ウェストバンドの3色(青・白・赤)はロッキーのチャンピオンベルトをイメージしており、左脚の折り返し部分に刺繍された『PHILADELPHIA,USA』というフレーズは、フィラデルフィアのファンの熱意や決意を表している。 シティーエディション・ユニフォームのデビューは、現地11月9日のシャーロット・ホーネッツ戦が予定されている。それ以降は、『Spirit of 76』と題された金曜日の試合の他、4月に行われるホームゲームの全試合で、このシティーエディション・ユニフォームが着用されることになっている。 シクサーズのビジネス運営社長のクリス・ヘック氏は、「今シーズンのシティーエディション・ユニフォームを発表できたことに興奮している。このユニフォームは、フィラデルフィアの街とファンの熱意や決意や執念に敬意を表したデザインになっている。我々は、StubHub社とMGM(Metro Goldwyn Mayer Pictures)社の協力のもと、フィラデルフィアの街を形作ってきた理念を表現するコンセプトを研究してきた。そのコンセプトとは、この街が持つファイターのタフさと精神力であり、それこそが、シクサーズの選手達が毎試合コート上で体現しなければならないメンタリティーなのだ。このユニフォームにより、我々は過去のフィラデルフィアに敬意を表し、それと同時に新しいフィラデルフィアを讃えている。このユニフォームを着て、親愛なるフィラデルフィアの街を代表できることを、我々は誇りに思っている」とコメントしている。 また、シクサーズのマーケティング主任のケイティー・オライリー氏は、「フィラデルフィアのファンに2018-19シーズンのシティーエディション・ユニフォームを発表できたことに興奮しています。このユニフォームは、フィラデルフィアの豊かな歴史と闘争心を賞賛するものであり、それと同時に、偉業を成し遂げるために必要な血と汗と涙を表現しています。StubHub社とMGM社と協力し、我々はこのユニフォームにロッキー・バルボアとアドニス・クリードを宿し、フィラデルフィアの『ネバー・ギブアップ』精神を表現することに成功しました」と語っている。

関連タグ

チーム

  • 76ers

キーワード

  • ニュース全般
  • シティーエディション・ユニフォーム
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. シクサーズが2018-19シーズンのシティーエディション・ユニフォームを発表!!