マイケル・ジョーダン氏がeスポーツのオーナーグループに投資!!

四半世紀前にカルト的人気を誇ったビデオゲーム『NBA JAM』への登場を断ったことでも知られるマイケル・ジョーダン氏が、eスポーツに投資することが分かった。 現地10月25日、ジョーダン氏は、eスポーツのオーナーグループのaXiomaticに投資することを発表した。aXiomaticは、eスポーツのオーナーグループとしては大手で、強豪チームの『チーム・リキッド』のオーナーをしていることでも知られている。 aXiomaticの委員会には、NHLワシントン・キャピタルズとNBAワシントン・ウィザーズのオーナーをしているテッド・レオンシス氏や、NBAゴールデンステイト・ウォリアーズの共同オーナーでMLBロサンゼルス・ドジャーズのオーナーもしているピーター・ガバー氏らが名を連ねている。 NBAシャーロット・ホーネッツのオーナーであるジョーダン氏は、1993年のヒット作『NBA JAM』に登場しなかったことでも知られている。当時、彼はNBA選手協会のグループ・ライセンスから外れていたのだ。 殿堂入りも果たした偉大な選手であるジョーダン氏は、現役引退後もゲーム業界からは距離を置いていた。ホーネッツは、NBA 2Kリーグに参戦していない9つのNBA球団のうちの1つだ。 aXiomaticへのジョーダン氏の投資額は明らかになっていない。NBAのスター選手や重役がeスポーツに投資することは、一般的になりつつある。これまでにも、ステフィン・カリーやシャキール・オニール、マーク・キューバンらがeスポーツに投資している。

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • マイケル・ジョーダン
  • eスポーツ
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. マイケル・ジョーダン氏がeスポーツのオーナーグループに投資!!