スーパースター・コンビ【TOP10】:第9位

今年のFA(フリーエージェント)市場では、例年と比較すると多くのスーパースターがチームを変更している。また、その多くにとってコンビ結成が新たなトレンドとなっていた。 今夏のFAやトレードを経て、全く新しいコンビが結成されたチームもあれば、コンビが変成されたチーム、そして元からのコンビで来期に挑むチームもある。 これを受けて、今夏に登場した数多くの手強いペアの中でも、特にリーグにとって脅威となるであろう10組のコンビを筆者がランキングしてみた。 今回は、その第2弾としてランキング第9位を発表したい。 第9位は、ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチ&クリスタプス・ポルジンギスの若手コンビだ。 昨シーズンからチームメートとなった2人には幾つかの共通点がある。彼らは東ヨーロッパ出身で、共に10代という若さでドラフトされ、ルーキーシーズンは見事な活躍ぶりを見せた点だ。ドンチッチは昨シーズンの新人王に輝き、ポルジンギスは2015-16シーズンのオールルーキー・ファーストチームに選出されている。 昨シーズン途中のトレードデッドラインを前に、ポルジンギスがニューヨーク・ニックスからマーベリックスに送られた事でこのコンビが結成されたが、2018年2月に彼は左膝の十字靭帯を断裂してしまった為、昨シーズンは全休を余儀なくされていた。 2017-18シーズンにポルジンギスは、平均22.7ポイント、6.6リバウンド、2.4ブロックを挙げ、ニックスの中心選手として大活躍。ドンチッチもまた、昨シーズンにチームトップとなる平均21.2ポイント、6.0アシスト、そしてチーム第2位となる7.8リバウンドを記録し、目を見張るルーキーイヤーとなった。 2人の相性についても申し分ないだろう。外からも狙えるポルジンギスの高確率な3ポイントシュート(2017-18シーズンは39.5%)と昨シーズンは1試合で平均2.8本の3ポイントに繋がるアシストを通したドンチッチの見事なパスセンスを踏まえると、2人は抜群なピックアンドポップのパートナーとなる事が予想できる。 また、ポルジンギスがコート上でドンチッチの為にスペースを作る事により、ドンチッチの攻撃オプションも増えるだろう。今まではチームの中心スコアラーとして活躍していた2人が組む事により、お互いの負担が分散され、プレーに磨きがかかる事が予想される。 ドンチッチは、ボール運びからパス回し、得点、そしてリバウンドまでをこなしてしまうオールラウンダーであり、ポルジンギスもまた、リング下における得点やリバウンドに加え、外からのシュートも得意とする。この2人が組めば、間違いなくシナジーが生まれるだろう。 まだ若いコンビだが、もう少し成長すればリーグ屈指のベストコンビになれるポテンシャルも秘めているのではないだろうか。来期に2人の活躍に期待だ。 スポヲタ:ビタラフ アドル

関連タグ

チーム

  • マーベリックス

選手

  • Luka Doncic
  • Kristaps Porzingis

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. スーパースター・コンビ【TOP10】:第9位