デイミアン・リラードが映画『スペースジャム2』での役柄について言及

ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードは、今年も忙しいオフシーズンを過ごしている。彼はメキシコでバケーションした後、ラスベガスでスーパーMAX契約にサインし、ロサンゼルスで3枚目のフルアルバムのレコーディングを行い、現在はビーバートンでユース向けのバスケットボール・キャンプをやっている最中だ。そしてこの後、彼は8月上旬にラスベガスに戻ってアメリカ代表のトレーニング・キャンプに参加する。 しかし、以上の日程はいつも通りの『デイミアン・リラードのオフシーズン』と何ら変わりはない。今オフのリラードが特に忙しかったのは、ある有名なスポーツ映画のリメイク版に出演したからだ。 ブレイザーズの番記者のケイシー・ホルディアーニ記者が、映画出演について語ったリラードのコメントについて以下のようにリポートしている。 今夏の初めに、リラードは、レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、クレイ・トンプソン、ダイアナ・タラージといったNBAとWNBAのスター選手や、ドン・チードルをはじめとするハリウッド・スターと共に映画『スペースジャム2』の撮影を行った。この映画は、1996年に公開されたマイケル・ジョーダンの主演映画『スペースジャム』の続編もしくはリメイク版にあたる作品だ。 リラードは撮影のために1週間ほどハリウッドに滞在したそうだが、彼はその時の様子を以下のように語っている。 「映画撮影は全く別の世界だったよ。俺はベイビー・フェイスだから、昨シーズンの約6ヶ月を費やしてヒゲを伸ばしたんだ。でも、撮影現場に行ったら、いきなりヒゲを剃れと指示されたんだ。おかげで今はこの状態さ。ツルツルの顔にされて、朝6時にスタジオに行って夜9時に撮影を終えるという1日15時間の撮影を毎日続けたんだ」 だが、リラードの撮影はまだ終わった訳ではないようだ。2021年の映画公開に向け、リラードは再びスタジオに戻って撮影をする必要があるそうだ。 リラードは『スペースジャム2』での自分の役柄についてほとんど語らなかったが、「大きな役を演じている。カメオ出演ではないよ」とだけ教えてくれた。撮影のためにヒゲを剃り、長時間スタジオに拘束されたリラードだが、映画撮影に参加することは、それだけの価値のあることだったと振り返っている。 「映画撮影は、決して楽しいだけではなかった。時々は楽しかったけれどね。でも、振り返って考えてみると、あんな素晴らしい作品に参加できてハッピーだと思えるんだ。この映画はきっと素晴らしい作品になるよ」

関連タグ

チーム

  • トレイルブレイザーズ

選手

  • Damian Lillard

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. デイミアン・リラードが映画『スペースジャム2』での役柄について言及