ヤニス・アデトクンボが『グリーク・フリーク』の使用を巡ってアーティストを提訴

GiMVPを受賞したミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボが、『グリーク・フリーク』という名称を不正使用して商品を販売していたペンシルバニアのアーティストを提訴した。 昨年、アデトクンボが自分のニックネームである『グリーク・フリーク』を商標として登録したことを受け、アデトクンボの弁護士は今年5月にペンシルバニアのアーティストのジンダー・ボーギャル氏に『グリーク・フリーク』という名称の使用停止命令が書かれた手紙を送付した。ボーギャル氏は、自身のウェブサイトで『グリーク・フリーク』という商品を販売していた。手紙を受け取ったボーギャル氏は、ウェブサイト上の表記は削除したが、自身のフェイスブックからは表記を削除しなかった。 アデトクンボ側は訴状の中で、ボーギャル氏が販売している商品は、あたかもアデトクンボ公認かのような誤解を消費者に与えると主張しており、ボーギャル氏が『グリーク・フリーク』という商品で売り上げた200万ドル(約2億2000万円)の利益をアデトクンボ側に支払うように要求している。 The Journal Sentinelによると、アデトクンボ側はボーギャル氏と裁判で争うことを望んでいるそうだ。

関連タグ

チーム

  • バックス

選手

  • Giannis Antetokounmpo

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ヤニス・アデトクンボが『グリーク・フリーク』の使用を巡ってアーティストを提訴