バックスがマルコム・ブログドンにクオリファイング・オファーを提示

今年のプレイオフでイースタン・カンファレンス・ファイナルに進出したミルウォーキー・バックスが、中心選手をキープする準備に入ったようだ。 Yahoo Sportsのクリス・ヘインズ記者によると、バックスは26歳のマルコム・ブログドンにクオリファイング・オファーを提示したそうだ。これにより、ブログドンは制限付きフリーエージェントとなり、バックスは他チームがブログドンに提示する如何なる条件にもマッチできる状況になった。 2016年のNBAドラフト2巡目36位でバックスに入団したブログドンは、1年目からバックスのバックコートのローテーション選手に抜擢され、2016-17シーズンの新人王に輝いている。 先発シューティングガードとして定着した昨シーズン、ブログドンは1試合平均15.6得点、4.5リバウンド、3.2アシストという活躍を見せたが、シーズンの終盤は怪我により長期離脱を余儀なくされた。その後、プレイオフで復帰を果たしたブログドンは、プロ入り3年目とは思えないような自信あふれるプレーぶりを見せ、1試合平均13得点、4.9リバウンド、3.4アシストというオールラウンドな働きでチームを支えた。 ポイントガードとシューティングガードの両方をこなせるブログドンには多くのチームから声がかかることが予想されるが、バックスは多少の金額を積んでも彼をキープするはずだ。しかし、バックスは完全フリーエージェントのクリス・ミドルトンとブルック・ロペスとの再契約も控えているため、今オフの仕事はまだまだ山積みだ。

関連タグ

チーム

  • バックス

選手

  • Malcolm Brogdon

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. バックスがマルコム・ブログドンにクオリファイング・オファーを提示