デリック・ローズはピストンズと2年契約か?!

昨シーズン、ミネソタ・ティンバーウルブズで全盛期を彷彿とさせる活躍を見せたデリック・ローズは、キャリアの中盤をミシガン州で迎えたいと考えているようだ。 ESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によると、3度のオールスター出場歴を誇り、2011年にはシーズンMVPを受賞しているローズは、フリーエージェント交渉が解禁される現地6月30日にデトロイト・ピストンズと面談し、その場で2年契約の話をまとめたいと考えているそうだ。 昨シーズン、ローズは1試合平均18得点、フィールドゴール成功率48.2%、3ポイントシュート成功率37%(キャリアベスト)を記録している。 2008年のNBAドラフト1巡目全体1位指名でシカゴ・ブルズに入団したローズは、ニューヨーク・ニックスやクリーブランド・キャバリアーズでプレーしたこともあるが、2010-11シーズン以降はレギュラーシーズンに70試合以上出場したことが1度もない。しかし彼は、昨シーズンにウルブズで見せた活躍によって、今オフのフリーエージェント市場の注目株の1人になっている。

関連タグ

チーム

  • ティンバーウルブズ
  • ピストンズ

選手

  • Derrick Rose

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. デリック・ローズはピストンズと2年契約か?!