今日は何の日 〜ウェバーが指名直後にトレードされる〜

1993年6月30日、オーランド・マジックが1巡目1位でミシガン大学のフォワード、クリス・ウェバーを指名した。しかしその直後にオーランドはウェバーとの交渉権をゴールデンステイト・ウォリアーズにトレード。代わりに同ドラフトでゴールデンステイトが3位で指名したメンフィス大学のアンファニー・ハーダウェイと将来の1巡目指名権三つを得た。話題を呼んだトレードだったが、ウェバーは新人王、ハーダウェイもオール・ルーキー・ファーストチーム入りするなど、共に大活躍を見せた。 全体1位指名権、もしくは1位指名の選手がデビュー前にトレードされるのは珍しい。ウェバーは1950年のチャック・シェア、1957年の“ホット・ロッド”・ハンドリー、1980年のジョー・バリー・キャロル、1986年のブラッド・ドアティに続く、5人目の事例となった。近年では、2014年にクリーブランド・キャバリアーズに指名されたアンドリュー・ウィギンズがデビュー前にミネソタ・ティンバーウルブズにトレードされている。また、2017年にはボストン・セルティックスが1位指名権をフィラデルフィア・セブンティシクサーズの3位指名権及び将来の1巡目指名権とトレード。結果としてこの年はフィラデルフィアが全体1位でマーケル・フルツを指名した。

関連タグ

チーム

  • マジック

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 今日は何の日 〜ウェバーが指名直後にトレードされる〜