今日は何の日 〜ミルウォーキーが全体1位でグレン・ロビンソンを指名〜

1994年6月29日、パデュー大学のフォワード、“ビッグ・ドッグ”ことグレン・ロビンソンが1巡目1位でミルウォーキー・バックスに指名された。ルーキーシーズンのロビンソンは平均21.9点、6.4リバウンドを挙げ、オール・ルーキー・ファーストチームに選ばれた。ルーキー・オブ・ザ・イヤーの投票でも3位に入っている。順調にミルウォーキーのフランチャイズ・プレイヤーに成長したロビンソンは、ミルウォーキーに在籍した8シーズンのうち7シーズンで平均20点以上を記録した。 ミルウォーキー時代のハイライトはレイ・アレン、サム・キャセールと共に臨んだ2001年のプレーオフで、チームはカンファレンス・ファイナルに進出。7戦にもつれこむ激闘の末にアレン・アイバーソン率いるフィラデルフィア・セブンティシクサーズに敗れた。その後はアトランタ・ホークス、フィラデルフィア、ニューオリンズ・ホーネッツ(怪我のため出場無し)、サンアントニオ・スパーズとチームを渡り歩くジャーニーマンになったが、最後のサンアントニオでは優勝を経験している。 ちなみに1994年はルーキーの当たり年で、ロビンソン以外も粒ぞろいだった。ルーキー・オブ・ザ・イヤーをシェアしたジェイソン・キッドとグラント・ヒルの他、ジュワン・ハワードにエディ・ジョーンズと、ロビンソンを含めて5人の選手がオールスタープレイヤーに成長した。他にも現在ではコメンテーターとして人気のジェイレン・ローズが2000年にMIP、アーロン・マッキーが2001年にシックスマン賞を受賞している。

関連タグ

チーム

  • バックス

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 今日は何の日 〜ミルウォーキーが全体1位でグレン・ロビンソンを指名〜