ブレント・バリーがスパーズのフロント入り!!

サンアントニオ・スパーズが、数名のバスケットボール運営スタッフの追加および昇進を発表した。今回の人事により、ブレント・バリーがバスケット運営部門の責任者に就任し、ウェイン・ディーゼルがプレーヤー・ケアの監督として迎え入れられた。この他、アダム・グレスナーがバスケットボール情報主任に、コーリー・ジョンソンが備品と遠征のマネージャーに、マッシモ・シモネッタがスポーツセラピストに就任している。 今回の人事で昇進したバスケットボール運営スタッフは下記の通り。ウィリス・ホールがビデオコーディネーターに昇進。キャム・ホッジスが選手育成アシスタントに昇進。AJ・メイヤーがコーチング分析コーディネーターに昇進。ポール・ウェストがアシスタント・アスレチック・トレーナー兼リカバリー・コーディネーターに昇進。 2004年から2008年までスパーズでプレーし、2005年と2007年の優勝に貢献したバリーが、再びスパーズに戻ってくる。彼は、14年のNBAキャリアを終えた2010年から、ターナー・スポーツ・ネットワークの解説者をしていた。彼は、NBA TVでNBA取材をしつつ、TNTの放送ではコートサイド解説者も務めていた。彼は、レギュラーシーズンやプレーオフの放送だけでなく、NBAオールスターなどのビッグイベントの番組も担当した。 バリーは現役時代に、ロサンゼルス・クリッパーズ、マイアミ・ヒート、シカゴ・ブルズ、シアトル・スーパーソニックス、スパーズ、ヒューストン・ロケッツの合計6チームでプレーし、2009年に引退した。彼は、スリーポイントシュート成功数でNBA歴代34位(1395本)、スリーポイントシュート成功率でNBA歴代23位(40.5%)にランクしている。彼はNBAで合計912試合に出場し、1試合平均9.2得点3.2アシスト3リバウンドという通算成績を残している。 バリーは、オレゴン州立大で社会学の学位を取得している。

関連タグ

チーム

  • スパーズ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ブレント・バリーがスパーズのフロント入り!!