ドウェイン・ケイシーHC「ラプターズの優勝に興奮した」

2017-18シーズンまでトロント・ラプターズを指揮し、現在はデトロイト・ピストンズを率いているドウェイン・ケイシーHC(ヘッドコーチ)が、ラプターズの初優勝を手放しで祝福した。 ケイシーHCは、7シーズンもの間ラプターズのヘッドコーチを務めたが、球団記録のシーズン59勝を記録して最優秀監督賞を受賞した2017-18シーズン終了直後にチームから解雇されていた。その後、ケイシーHCのアシスタントコーチをしていたニック・ナース氏がラプターズのヘッドコーチに昇格し、就任1年目で優勝を勝ち取った。 ケイシーHCはラプターズの優勝について「興奮した。嬉しかったよ。私がコーチしたカイル・ラウリー、パスカル・シアカム、フレッド・バンブリート、サージ・イバカが優勝を手にしたんだからね。優勝こそが彼らの目標だったから、それが実現されて本当に嬉しかった」とコメントしている。 また、ケイシーHCはラプターズのファンに向けて以下のようなコメントを残している。 「ラプターズの優勝は、トロントの街と人々にとって最高の贈り物だ」

関連タグ

チーム

  • クリッパーズ
  • ラプターズ

キーワード

  • ニュース全般
  • ドウェイン・ケイシーHC
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ドウェイン・ケイシーHC「ラプターズの優勝に興奮した」