アントニオ・ラング氏がキャバリアーズのアシスタントコーチに就任!

昨シーズンまでクイン・スナイダーHCのもとでユタ・ジャズのアシスタントコーチを務めていたアントニオ・ラング氏が、クリーブランド・キャバリアーズのアシスタントコーチに就任したと、The Athleticでジャズの番記者をしているトニー・ジョーンズ記者が報じた。 マイク・シャシェフスキー・ヘッドコーチ(以下"コーチK")の下、NCAAの名門デューク大学でグラント・ヒルと共にプレーした経験を持つラング氏は、1994年のNBAドラフト全体29位でフェニックス・サンズに入団。その後、キャバリアーズなど数チームでプレーし、2001年に日本の三菱電機に入団。現役引退後の2007年から三菱電機のアシスタントコーチに就任し、2010年に同チームのHCに昇格した。2014年からは、同じくコーチK率いるデューク大出身のスナイダー氏がジャズのヘッドコーチに就任したことをきっかけに、ジャズのアシスタントコーチに抜擢された。 日本との関係を今でも大切にしているラング氏は、NBAがオフシーズンになる夏になると毎年必ず来日し、選手向けのクリニックや、コーチ向けの講習会を開催している。今年は、8月1日から8月7日にかけて日本各地でクリニックや講習会が行われる予定だ。

関連タグ

チーム

  • キャバリアーズ

キーワード

  • ニュース全般
  • AC就任
  • アントニオ・ラング氏
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. アントニオ・ラング氏がキャバリアーズのアシスタントコーチに就任!