警察当局がマサイ・ウジリ氏の暴行を主張

トロント・ラプターズがNBAチャンピオンを決めた直後、コートに入ろうとしたラプターズのマサイ・ウジリ球団社長が郡保安官代理の顔を殴ったと、警察当局が主張しているようだ。 NBAファイナル第6戦でラプターズがゴールデンステイト・ウォリアーズを破って優勝を決めた直後、ウジリ氏はコートに入ろうとしたが、『コートに入ることができるクレデンシャル(許可証)を持っていない』という理由で立ち入りを拒否された。その際に、ウジリ氏が郡保安官代理の顔を殴ったと、アラメダ・カウンティ・シェリフのスポークスマンのレイ・ケリー氏はコメントしている。 「ウジリ氏がコートに入ろうとして我々の保安官代理を押したため、彼はウジリ氏を押し返した。するとウジリ氏はさらに押し返してきて、彼の顔を殴った。殴られた保安官代理は、アゴに痛みがあると訴えて病院に搬送された」 ケリー氏は、当局がその当時の様子を収録したビデオ映像を証拠として確保していることも明かしている。 しかし、保安官代理の横にいて当時の様子を間近で見ていたウォリアーズ・ファンのグレッグ・ワイナー氏は異なる証言をしている。 「当局は、保安官代理がウジリ氏にクレデンシャルの提示を求めたと主張しているが、そんな会話は一切なかったし、ウジリ氏は保安官代理の顔を殴ったりしなかった。保安官代理が無言でウジリ氏の体を押したから、ウジリ氏が押し返しただけだ。今回の一件は、保安官代理の行動を隠蔽するためとしか考えられない」 NBC Bay Area の番組が入手したビデオ映像を確認すると、ウジリ氏と保安官代理は互いを押し合っただけで、彼らはすぐに周りにいた人々によって引き離されており、警察当局の主張にあるような小競り合いは認められなかった。 その映像では、ウジリ氏が右手にクレデンシャルを持っている様子がしっかりと写っている。 ラプターズはAP通信に送った声明文の中で、以下のようにコメントしている。 「この件については確認済みで、現在は警察当局と協力しあって調査を進めているところだ。事態がうまく収まることを願っている」

関連タグ

チーム

  • ラプターズ

キーワード

  • ニュース全般
  • マサイ・ウジリ球団社長
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 警察当局がマサイ・ウジリ氏の暴行を主張