アメリカ代表のトレーニングキャンプに参加する20名が決定!

USAバスケットボールのチェアマンで、代表チームのマネジメント・ディレクターを務めるジェリー・コランジェロ氏が、現地8月5日から9日にかけて行われるアメリカ代表チームのトレーニング・キャンプに参加する20名のNBA選手を発表した。この中から、今夏に中国で開催されるFIBAワールドカップに出場するアメリカ代表メンバーが選ばれる。 ラスベガスで行われるトレーニング・キャンプに参加する20名は以下の通り。 ブルック・ロペス(ミルウォーキー・バックス) ドノバン・ミッチェル(ユタ・ジャズ) ハリソン・バーンズ(サクラメント・キングス) ブラッドリー・ビール(ワシントン・ウィザーズ) アンソニー・デイビス(ニューオリンズ・ペリカンズ) アンドレ・ドラモンド(デトロイト・ピストンズ) エリック・ゴードン(ヒューストン・ロケッツ) ジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ) トバイアス・ハリス(フィラデルフィア・76ers) デイミアン・リラード(ポートランド・トレイルブレイザーズ) ケビン・ラブ(クリーブランド・キャバリアーズ) カイル・ラウリー(トロント・ラプターズ) CJ・マッカラム(ポートランド・トレイルブレイザーズ) クリス・ミドルトン(ミルウォーキー・バックス) マイルズ・ターナー(インディアナ・ペイサーズ) ケンバ・ウォーカー(シャーロット・ホーネッツ) カイル・クーズマ(ロサンゼルス・レイカーズ) ポール・ミルサップ(デンバー・ナゲッツ) ジェイソン・テイタム(ボストン・セルティックス) PJ・タッカー(ヒューストン・ロケッツ) 20選手中18名は過去にアメリカ代表チームに選ばれた経験がある。そのうち、オリンピック金メダルを獲得したのは5名で、FIBAワールドカップで優勝したのは5名だ。オリンピックで金メダルを獲得したのは、バーンズ(2016年)、デイビス(2012年)、ハーデン(2012年)、ラブ(2012年)、ラウリー(2016年)の5名で、デイビス、ドラモンド、ハーデンの3名は2014年のFIBAワールドカップで優勝し、ゴードンとラブは2010年のFIBAワールドカップで優勝している。 2018年から2020年までのアメリカ代表チームのヘッドコーチを務めるのはサンアントニオ・スパーズのグレッグ・ポポビッチHC(ヘッドコーチ)で、アシスタントコーチには、ゴールデンステイト・ウォリアーズのスティーブ・カーHC、アトランタ・ホークスのロイド・ピアースHC、そしてビラノバ大のジェイ・ライトHCらが選ばれている。 2006年にコランジェロ氏がアメリカ代表チームをマネジメントするようになってから、アメリカ代表は通算88勝1敗という成績を残しており(FIBAの試合だけでなくエキシビション・ゲームも含む)、2016年のオリンピックまでに開催されたFIBAおよびFIBAアメリカの7大会で6度の優勝を達成している。

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • アメリカ代表
  • トレーニング・キャンプ
  • メンバー発表
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. アメリカ代表のトレーニングキャンプに参加する20名が決定!