ケビン・デュラントが練習を再開

ケビン・デュラントが現地日曜日に久々にバスケットボールをプレーした。 ゴールデンステイト・ウォリアーズは、翌月曜日の試合に彼がプレーすることを願っている。 右ふくらはぎの肉離れで戦線離脱中のデュラントは、1勝3敗とウォリアーズにとって後が無くなったNBAファイナル第5戦での復帰を目指している。現在、彼の状態は「questionable(試合に出場できるかどうか微妙な状態)」になっている。 優勝するためには、ウォリアーズはここから3連勝するしかない。 スティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)は「彼はチームの若手選手と一緒に追加練習をする予定だ。我々は、その時の様子をもとに、彼の怪我の状態を更に探る予定だ」とコメントしている。 ウォリアーズは第5戦の前日の日曜日に行ったチーム練習に先立って記者会見をしたが、デュラントは会見には出席しなかった。レギュラーシーズン中に1試合平均26得点を記録したデュラントは、プレイオフに入って平均34.2得点を記録していた。 デュラントが戦線離脱して以降のウォリアーズの成績は6勝3敗だ。 NBAファイナルでウォリアーズと対戦しているトロント・ラプターズは、2006年1月22日(現地時間)にコービー・ブライアントに81得点を決められている。それ以降、ラプターズは1175試合プレーしているが、その間にラプターズ相手に1試合で最も多い得点を決めたのはデュラントで、彼は2度も51得点を記録している。 デュラントは、オクラホマシティ・サンダー時代の2014年3月21日(現地時間)と、ウォリアーズ移籍後の昨年11月29日に51得点を記録している。その2試合とも、会場はトロントのホームだった。たとえ彼が100%の状態ではないとしても、彼の復帰はラプターズにとって嫌な要素になるはずだ。 しかし、もちろんラプターズにも確固としたゲーム・プランがある。 ラプターズのカイル・ラウリーは「デュラントはMVPで、オールNBAに選出される選手で、オールスター選手で、ファイナルMVPだ。だが、もし彼が復帰したとしても、俺たちはそのことに気を取られてはいけない。俺たちは自分たちのプレーに集中しないといけない」とコメントしている。

関連タグ

チーム

  • ウォリアーズ

選手

  • Kevin Durant

キーワード

  • ニュース全般
  • NBAファイナル
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ケビン・デュラントが練習を再開