ダン・ギルバート氏は快方に向かっている模様

先月、脳卒中のため病院に搬送されたクリーブランド・キャバリアーズのオーナーのダン・ギルバート氏は、まだ入院してはいるものの病状は快方に向かっているようだ。 クイックン・ローンズ社のジェイ・ファーナーCEOは声明文の中で、ギルバート氏の家族が「彼は得意のユーモアも冴え渡っているし、順調な回復に専念している」と語っていることを明かした。また、ファーナーCEOは、入院中のギルバート氏が自分の大好きな飲み物を病院側にリクエストしたが、その飲み物は病院に用意されていなかったため、ギルバート氏が「この病院が飲み物に関する最善の措置をしているかどうかレビューしたい」と主張した逸話も披露している。 ファーナーCEOによると、ギルバート氏の家族は周りのサポートに感謝しているそうだ。また彼は、「ギルバート氏の回復には時間がかかるが、我々は、彼が今までと同じようにこの挑戦に打ち勝つと信じている」と付け加えた。 57歳のギルバート氏は、現地5月26日に脳卒中のためデトロイト市内の病院に搬送された。 ギルバート氏は2005年にキャバリアーズのオーナーになった。彼は、全米最大のローン会社であるクイックン・ローンズの創設者だ。この会社以外にも、彼はオハイオ州とミシガン州に数多くの会社を所有して巨大なビジネス帝国を築き上げている。

関連タグ

チーム

  • キャバリアーズ

キーワード

  • ニュース全般
  • ダン・ギルバート
  • 入院
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ダン・ギルバート氏は快方に向かっている模様