NBAファイナル第2戦の視聴率が第1戦よりも高い数字を記録

トロント・ラプターズとゴールデンステイト・ウォリアーズのNBAファイナル第2戦の視聴率が、第1戦よりも高い数字を記録した。 ウォリアーズが勝利してシリーズの勝敗を1勝1敗にした第2戦の視聴率は10.2%で、第1戦の10.1%を僅かに上回った。 今年のNBAファイナルの視聴率は昨年よりも数字を落としている。その原因と考えられているのは、2010年からNBAファイナルに出続けていたレブロン・ジェームズが今年はいないことだ。しかし、この視聴率の数字にはカナダにおける視聴率は含まれていない。 ちなみに、2008年と2013年と2014年のNBAファイナル第2戦の視聴率も10.2%だった。 第3戦は、会場をカリフォルニア州のオークランドに移して、日本時間の木曜日に行われる。

関連タグ

チーム

  • ウォリアーズ
  • ラプターズ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. NBAファイナル第2戦の視聴率が第1戦よりも高い数字を記録