NBAがNBAファイナルの審判12名を発表

NBAが、今年のNBAファイナルで笛を吹く12名の審判を発表した。ゴールデンステイト・ウォリアーズとトロント・ラプターズによるNBAファイナルは、現地5月30日にトロントでスタートする。 NBAのリーグ運営社長のバイロン・スプリューウェル氏は「今シーズンの最大の舞台を任されるのが、NBAファイナルの審判だ。NBAファイナルの審判は、ここまでのプレイオフのラウンドで自分たちの素晴らしい技術や集中力、そしてチームワークを披露してきた」とコメントしている。 NBA審判運営マネジメントは、今年のプレイオフの3つのラウンドにおけるパフォーマンスを元にNBAファイナルの審判を決定する。審判は、プレイオフのラウンドを追うごとに選別されている。 今年のNBAファイナルの審判12名は以下の通り。 トニー・ブラザーズ(8度目のNBAファイナル) マイク・キャラハン(16度目) ジームズ・ケーパーズ(8度目) マーク・デイビス(8度目) ケイン・フィッツジェラルド(初選出) スコット・フォスター(12度目) ジョン・ゴブル(3度目) デイビッド・ガスリー(2度目) エリック・ルイス(初選出) エド・マーロイ(7度目) ジェイソン・フィリップス(6度目) ザック・ザーバ(6度目) 12名のうち3名はNBAファイナルで10試合以上審判を務めている。その中でも特に多いのが、キャハラン審判の20試合と、フォスター審判の18試合だ。フィッツジェラルド審判とルイス審判は今回が初の選出となる。 上記12名の交代要員には、ジョシュ・ティビン審判とショーン・ライト審判が選ばれている。 各試合の審判は、試合当日の午前9時頃(東部時間)にNBA.com/officialから発表される。

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • 審判
  • NBAファイナル
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. NBAがNBAファイナルの審判12名を発表