トラジャン・ラングドン氏がペリカンズのGMに就任

ブルックリン・ネッツのアシスタント・ゼネラルマネージャーをしていたトラジャン・ラングドン氏がニューオーリンズ・ペリカンズのゼネラルマネージャーに就任したと、The Athleticのシャムス・シャラニア記者が報じた。 ラングドン氏は、2018年3月8日(現地時間)からネッツのアシスタント・ゼネラルマネージャーを務めていた。2015-16シーズン、ラングドン氏はクリーブランド・キャバリアーズで選手の管理とバスケットボール運営のディレクターをしていたが、この時キャバリアーズのゼネラルマネージャーをしていたのが、先日ペリカンズのゼネラルマネージャーに就任したデイビッド・グリフィン氏だった。 ラングドン氏は、ロングアイランド・ネッツでの今シーズンの仕事が認められ、『Gリーグ・エグゼクティブ・オブ・ザ・イヤー』を受賞した。彼は、2012年から2015年までの間はサンアントニオ・スパーズでスカウトをしていた。 デューク大のスター選手だったラングドン氏は、1999年のNBAドラフト1巡目全体11位でキャバリアーズにドラフトされた。彼はキャバリアーズで3シーズンプレーし、119試合に出場した。

関連タグ

チーム

  • ペリカンズ
  • ネッツ

キーワード

  • ニュース全般
  • トラジャン・ラングトン氏
  • GM就任
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. トラジャン・ラングドン氏がペリカンズのGMに就任